第4回 産学国際研修 国際シンポジウム
国際連合のプレゼンも実施
10月15日(土)開催
産学国際研修とは?
グローバル人材の育成

『一般社団法人 みなと横浜改造市民会議』が2013年 に産学国際研修セミナーをはじめとして、産・官・学、すなわち"企業"・"行政"・"大学"がグローバルな視野で横浜市の経済活性化への考え方、取り組みについて学ぶことを目的として実施しているのが『産学国際研修』です。
横浜市の大学に所属する日本人学生、海外留学生をメインにセミナーイベントや企業見学会を通じて、横浜を拠点にグローバルな都市づくりを視野に入れた『グローバル人材』の育成をしていくことを目的としています。

プログラム
テーマ:世界のさまざまな文化への相互理解と共生

パネリスト:

関山誠(横浜市国際局局長)、J.D.シャルモア(アンスティチュ・フランセ横浜館長)、
C.ディマー(東京大学助教)、日揮株式会社(予定)、株式会社日立製作所

司会:

小山和伸(神奈川大学教授)
国際連合の組織と活動及び日本の果たす役割

プレゼンテーター:

国際連合・スタッフ
国際シンポジウムについて

国際シンポジウムでは外国人パネリストを招き日本側(行政、企業、大学)のパネリストと共に「世界のさまざまな文化との相互理解と共生」をテーマに議論をして頂きます。「国際都市横浜としての文化交流はいかにあるべきか。
また「それぞれな文化を理解し共生を図りながら海外で活躍する日本企業の戦略と活動」について具体的な事例などをご紹介頂きながら考えていきます。
更に参加者から質問も頂きながら議論に加わって頂き市民意見を広くお聞きする内容となっています。

参加頂く皆様には、国際都市横浜らしい国際交流をいかに進めるのか、また海外進出する企業の海外展開はどうあるべきかを考えて頂くと共に、多文化理解を深めて頂く内容となっております。

スケジュール

参加者意見の徴収:

-質問表を開場時に参加者へ配布し、14:50の休憩時に回収いたします。

質問項目:

1.地域(横浜)で取り組むそれぞれの文化の相互理解と交流の方策についての意見や提案。
2.それぞれ文化の異なる地域(海外)での日本人の立ち振る舞いや日本文化の 発信の方策についての意見や提案
3.日本(人、企業)が更に世界で活躍するための意見や提案

イベント詳細

     本イベントの申し込みは終了いたしました。
日 時: 2016年10月15日(土)13:00〜16:30
場 所: 横浜市開港記念会館
住 所: 神奈川県横浜市中区本町1-6
参加費: ¥1,000円(学生無料)
定 員: 300名
主 催: 一般社団法人 みなと横浜改造市民会議
後 援: 横浜市・神奈川県

※1.満員(300名)になり次第、お申し込みを終了いたします。
※2.一般の参加者の方は当日、受付時に参加費をお支払いください。
※3.学生の参加者の方は当日、受付時に学生証の提示をお願いします。

Copyright © 2018 Yokohama Citizens Congress for Improving the City Inc. All Rights Reserved.